視力回復 トレーニング 遠視

今回は視力回復トレーニングの遠視について記事を書きたいと思います。遠視というと近くが見えずらいということですが視力回復トレーニングによって遠視を改善する方法をお伝えしていきます。

 

視力回復トレーニング 遠視 原因

遠視

この写真のように遠くが見えて近くがみえないそんな写真の状態が遠視ですよね。ではどうしてこのような状態が起こってしまうのか。まずはその状態の原因を探ってみました。
遠視の原因は完全には解明されていないそうですが、遺伝によるものが大きいのだそうです。

軸性遠視

眼球が小さいことが原因でおこる遠視です。外から入ってくる映像が眼球の中で像を結ぶ
事が眼球が小さい事でうまく映像が結べないために近くがみえません。これは眼球が小さい事から生まれつきといえますが、なぜ小さい眼球で生まれてくるかは、原因はわかっていません。

屈折性遠視

もう一つはレンズで角度を変える力が弱すぎて眼球内で像を結ぶ事ができないというもの。
ちなみに年を重ねるとレンズで角度を変える力が弱まるのは老眼です。

視力回復トレーニング 遠視

遠視の視力回復トレーニングは遠視が遺伝的要因が強いことから、乳幼児期の視神経が発達している段階では視力回復トレーニングは意味があるそうです。ちなみに大人になってから
遠視を矯正するにはレーシック手術などに頼るしかないようです。

ちなみに視力回復トレーニングとはこんな事をやっています。動画がありましたのでのせてみました。

まず、はじめに目をギュツとつよくつぶる。
顔を動かさずに(これが重要です。)目だけを上に10秒見る
目をギュッとつよくつぶる。
下をみながら10秒みる。
これを右、左もやっていきます。

指の先端を目で追うトレーニング
横8の字3回指で書く その指の先端を目で追う
指を顔に近づけたり遠ざけたりしながら行ったり来たり3回動かし目でそれを追う。

眼球の外側の筋肉を動かす事で目のレンズの調整を行っています。

自宅で視力回復トレーニングをおこなってみたい。
そんな方はこのサイトものぞいてみるとよいです。

遠視の話しでもありましたが、視神経が発達段階の子供の方が、視力回復訓練は効果がでやすいと思います。



ちなみに遠視だと思ったら老眼だったなんて方もいらっしゃるかと思います。そんな方の為の視力回復トレーニングの老眼の事も載せてみました。

 

視力回復 トレーニング 老眼

Similar Posts:

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ