ヨガの効果とその方法

ヨガの効果とその方法というとこのポーズがここに効くなんて言いたいのですが、実際はそういったデータがあるわけではありません。

 

だた、ヨガの効果とその方法という本日は題なのでヨガには効果がないのか?というとヨガのポーズ事体に効果があるというよりはヨガのポーズをすることにより緊張と緩みを交互にからだに与えていくと緊張していた(からだはストレスを感じると緊張します)からだは少しずつ元に戻っていき、ストレスをコントロールする術を身につけられるということだと思っています。

 

からだが緊張しているときみなさんはどうやってその緊張をとりますか?実は緊張をほぐすには身体にストレス(緊張)を与えることでからだは以前よりリラックスした状態を感じることができます。

 

 

これがヨガをやった時、なんか心がリラックスしてるとか、落ち着いてる。という状態です。

 

一般的にヨガと聞くと心のお話しが出てくると思いますが、どうして心の話しがでてくるのでしょう?それはヨガの名前の由来でもお話ししましたが、感覚を制御するための方法でもあるからです。

 

 

感覚を制御するには、自分の心の在り方、物事をどうとらえているかを変えていかないといけません。

 

ヨガの名前の由来 歴史

 

同じ職場でも同じ環境でもストレスを感じる方と感じない方がいますよね。同じ状況でもストレスを感じない方は物事のたずさえ方が違うのです。

 

 

この認知、判断の修正をしていく。ここにヨガが心の話しをする意味があります。

 

 

では物事のたずさえ方を変えるのは一体どうするのか?それについてヨガの瞑想になるのですが瞑想についてはまた別記事で書いていきますのでよかったらみてください。

Similar Posts:

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ