妊婦の花粉症 目のかゆみの対処法は?

今回は妊婦さんの花粉症 目のかゆみ対策法の記事です。花粉が飛ぶ季節になると花粉症の方は鼻がずるずる、したり目がかゆくなったり、くしゃみが止まらなくなったりしませんか?僕も3年前から、急に春になると鼻がずるずる、目がかゆくなり充血したりしていました。今年は、目がかゆくなったり、鼻がずるずる、したりしません。

実は毎年、花粉が飛ぶ季節になると、眼科に行って目薬や飲み薬を3年ほどもらっていました。実際、眼科にいっても、治るわけではなく、あくまで対処療法なんですね。これでは、いつまでたっても、毎年目のかゆみに悩まされると感じたので、冬の間から、花粉症のための体質改善を試みました。以下僕が冬の間やってきたことを書いていこうと思います。

花粉症 目のかゆみ対策

僕のやって方法は、薬を使う方法ではありません。ですので、妊婦さんなどにも無理はないと思います。ちなみに妊婦さんの中には、花粉症で夜寝るのも、つらい方っていますよね。そんな方にもぜひ、ためしてみてください。

花粉症を和らげるには、免疫機能を正常に保ち、アレルギーを抑える事です。ですから、体質の改善が必要になります。花粉症に効果があると言われているのは、乳酸菌です。乳酸菌は発酵食品に多く含まれていると言われています。冬の間発酵食品をずいぶん継続して、食べていました。1例を上げると毎日こんな食品を食べていました。

ヨーグルト

ヨーグルトの乳酸菌は腸で菌のバランスを整えてくれるそうです。そして花粉症になるスイッチを抑えてくれます。ただし、即効性があるものではなく、1日2日で緩和するものではないそうですよ。また、同じヨーグルトを食べても効果がある人とない人がいるそうです。それは、ヨーグルトによって、乳酸菌の種類が違うんだそうです。

例えば
・フェカリス菌 飲料で朝のYOOなどはこちらになります。
・L-55乳酸菌 L-55生乳ヨーグルトなどです。
・LGG乳酸菌  
・ビフィズス菌LKM512 メイトーヨーグルトなど。
・ビフィズス菌BB536

甘酒

甘酒は花粉症にいいそうです。こちらも発酵食品のため、乳酸菌を含んでいます。毎日、冬場に寝る前に甘酒を飲んでいましたが、肌がつるつるになったり、朝のお通じがよくなったり、疲れが朝まで残らなくなったりしました。実はテレビの世界一受けたい授業でも、花粉症が和らぐ、甘酒の効果を放送していました。

この放送では、レンコン+甘酒という組み合わせでやっていましたよ。僕は甘酒だけでしたが、(これだけでもかなり効果はあると思います)レンコン甘酒を作って本格的に花粉症対策をしたい方は作り方を調べてみましたので、ご興味のある方は、作って飲んでみてください。

レンコン甘酒の作り方
用意するもの

・レンコン
・麹を使った甘酒

作り方
レンコンをよく水洗いして皮ごとすりおろす。
甘酒とすりおろしたレンコンを混ぜる。

キムチ

こちらも発酵食品です。乳酸菌が入っていて、毎朝食べていました。

納豆

納豆です。納豆にキムチを入れて食べていました。

まとめ

花粉症対策に腸内環境を整える方法を実践して、冬の間なるべく、発酵食品をとることを心がけたら、今年は今のところ、目のかゆみや鼻水がとまらないといった症状が現れていません。もし、この記事を読んでいて、もう鼻水が出て困っている方は、鼻うがいをしてみるのも良いと思います。鼻うがいのしかたはこちらのブログにのせました。読んでいただければと思います。

Similar Posts:

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ