正しい歯磨きの仕方 時間は?

スポンサーリンク
今回は正しい歯磨きの仕方、時間はどれくらいかけたらいいのか?という記事です。僕自身、中学生で歯を削られて痛い思いをしてからは、半年に1回は必ず、歯石や歯のクリーニングをしています。そして、どうしても、歯医者に行くと、歯石染色剤というものを使って、磨き残しを指摘されて、一体どうすれば、磨き残しがない歯磨きの仕方ができるのか?調べてみました。

正しい歯磨きの仕方とは

スポンサーリンク
歯医者さんで教えてもらっている磨き方で歯ブラシを直角にあてて磨く方法です。調べてみると、スクラビング法と言われています。もっとも、歯石が効率的に落ちる方法です。また奥の歯の凹凸や歯茎が下がっている部分は歯ブラシを縦や斜めに入れたりしてみがきます。

デンタルフロスを使って磨く

スポンサーリンク
そしてもう一つ言われたのが、デンタルフロスを使う事です。虫歯の90パーセントは歯と歯の隙間からできるそうで、歯と歯の間はどうしても歯ブラシが届きにくいため、デンタルフロスを使った方が良いとの事でした。また、インターネットで調べてみると、デンタルフロスも使い方があるようで
そちらのサイトも載せておきます。
デンタルフロスの使い方

ワンタフトブラシ

いつも歯医者に行くと、歯石染色剤という赤い染め出し液を使い、汚れがないか?よく磨けているか?をチェックするのですが、そこで使われるのが、ワンタフトブラシというものです。通常の歯ブラシでは磨きにくいところをこのワンタフトブラシで磨くと驚くほど、綺麗に磨けます。【やわらかめ】歯科用 LA-001 【Lapis ワンタフトブラシ パール 】 やわらかめ・アソート (6本セット) 歯科医院様と共に考えたワンタフトです。   キャップ付き(1個)  ◆グッドデザイン賞 受賞商品◆  ドルツ(気持ちよく続けられる歯と歯ぐきのトータルケア) 【日本製】。よかったら見てみてください。

正しい歯磨きの仕方 時間は

実際、歯磨きはどのくらい時間をかけたら、いいのか?疑問に思う方も多くいらっしゃいます。いろんなサイトなどを調べてみると、結構、時間に対しては、まちまちだったり、します。15分歯をみがきましょうなんて事も書いてあるサイトもありました。実際、15分磨くとなると、洗面台に立って磨くのは苦痛だったりします。

僕の場合は、お風呂に入った際、湯船の中で磨いたりします。そうすると、結構あっというまに、15分位はたちます。また、それでも仕事で疲れて面倒くさいという方はいらっしゃいますよね。そういった方は電動歯ブラシはおすすめです。今の電動歯ブラシはタイマー機能がついていたりしてかなり便利ですよ。それでも、電動ブラシの角度をちゃんとあてたり、フロスは使ったほうが良いと思います。僕が使っているの【Amazon.co.jp限定】フィリップス 電動歯ブラシ ソニッケアー ダイヤモンドクリーン ブラック HX9302/51です。

それでも歯石はつく

こうしても歯石はついたり、どうしても歯の汚れがとれない事もあります。僕のおすすめは、半年に1回の歯のクリーニングがおすすめです。料金ですが、僕の場合で歯のクリーニングとフッ素を塗ってもらって9000円でおつりがくる程度です。6カ月に1回ということで1カ月に換算すると1500円程度の出費です。これを高いとみるか?安いとみるか?は人それぞれですが、毎月歯医者に行っている、両親などを見ると、この出費は個人的には安いと思います。PMTCの事がよくわかりそうなサイトがありましたので、のせておきます。PMTC

まとめ

いかがでしたでしょうか?僕も1年に2回歯医者に行き、歯のクリーニングをしています。歯を健康に保つことは、健康でいる一つの要素であると思います。ぜひ、歯の健康にも意識を向けてみてください。

Similar Posts:

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ