鼻水を止める方法 風邪の子供の場合

今回は鼻水を止める方法、風邪など子供の場合の記事です。風邪でなかなか鼻水が止まらないなど、冬の時期は多いかもしれません。鼻水が止まらないと結構大変ですよね。そこで今回はどうすれば、鼻水が止まるかを調べてみました。

鼻水はなぜ出るか

鼻水はなぜ出るのか?ですが、細菌から体を守るための防衛反応です。そして、風邪や花粉症などのアレルギーがなく健康な時であっても鼻水は分泌されていて、その量は1日数リットルになるそうです。冬の冷たい空気などにふれると鼻水の量は増えます。

https://kids.gakken.co.jp/kagaku/110ban/text/1047.htmlより引用

子供の鼻水を止める方法

色々調べてみると最近では、小児科では、鼻水の薬などは、出さないところが多いそうです。鼻づまりが風邪が原因の場合は、外に出したほうがいいからなんだそうです。ですが、鼻が詰まって苦しくって夜も眠れないなんていうと、親としてもつらいですね。そこで、いくつか対処法をのせてみます。

目の下から蒸しタオルで鼻を覆う。

温かいタオルを使う事で鼻のつまりが和らぎます。

湯船に入る。

湯船に入ると鼻のつまりが、楽になりますね。

鼻詰まりがアレルギーの場合は

鼻づまりがなかなか治らないなどの場合は、もしかしたら、アレルギーが原因かもしれません。大きめの病院にてきちんと検査をしてもらうのが、よいでしょう。アレルギーになりやすい要因とあして、以下の事があるそうです。

粉物を多く食べている。

小麦で作られたパンやラーメンなど、小麦は実は体を冷やす食品に分類されます。テニスで活躍しているノバク・ジョコビッチさんは、小麦に対して耐性がないそうで、今はグルテンフリー食生活をしている事で有名です。摂りすぎていないか?確認してみてもいいと思います。

冷たい飲み物、食べ物をよく飲むよく食べる。

冬でも夏でも季節を問わず冷たい飲み物を飲んでいる方がいらっしゃいますが、腸を冷やす事で免疫力が低下することもあります。

果物の摂りすぎや特定の野菜ばかりたべる。

果物の中には、アレルゲンになりやすい物もあるそうです。

まとめ

鼻がづーっと出ているなどは、もしかしたら、アレルギーを疑ってみてもいいかもしれません。
本当にアレルギーかどうか?は病院などできちんと検査をしてもらいましょう。そして食生活を見直してみて、冷たいものを食べ、飲みすぎているなど心あたりがある方は食生活を改善していくのがいいのではと思います。

Similar Posts:

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ