甘酒の効能、熱中症には?

今回は、甘酒の効能(熱中症)についての記事です。甘酒というと冬の飲み物という気がしますが、実は甘酒は江戸時代には、夏バテ対策として夏に飲まれていました。江戸幕府では、市民の健康を守るため、誰でも購入できるように価格を4文に制限していたとか。俳句でも甘酒は現在でも夏の季語なんだそうです。そんな熱中症に効果を期待できる甘酒について調べてみました。

甘酒の効能、熱中症

甘酒には2種類、それは、酒粕から作った甘酒と米麹から作った甘酒です。今回は、子供でも飲みやすくアルコールがフリーな米麹からできた甘酒のお話しをします。米麹からできた甘酒には、水分、糖分、塩分のバランスがよく、栄養価も高く、麹によって消化にもとってもいいんです。

甘酒は飲む点滴と呼ばれていて、ビタミンB1、B2,B6と言ったビタミンB群や、必須アミノ酸が豊富に含まれています。冬にのめば、体を温め、夏に飲むと熱中症や夏バテ対策に有効です。特に夏の食欲のない朝や忙しい朝、などに飲んでおくと、ビタミン、アミノ酸などのエネルギーを効率よく摂取することができます。

夏の甘酒レシピ

甘酒を使った夏のレシピをご紹介します。

甘酒牛乳シャーベット

材料
甘酒200ml
牛乳 適量

作り方
甘酒と牛乳を混ぜ合わせ、冷凍庫で冷やします。固まったら、スプーンでほぐして完成です。

甘酒豆乳のシェイク

豆乳と甘酒を一緒にすると美容効果も抜群です。

材料
甘酒100ml
豆乳100ml
レモン汁 適量

作り方
甘酒、豆乳、レモン汁をミキサーで混ぜて完成です。

まとめ

甘酒というとお正月などの参拝などでふるまわれる事が多そうで、冬のイメージですが、実は、江戸時代では、夏の飲み物で、夏バテ防止に一役買っていたのですね。夏バテで食欲がない、または疲れやすいなど、そんな方はぜひ、甘酒を試してみてください。

Similar Posts:

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ