甘酒の作り方 米麹ともち米で作る方法

今回は甘酒の作り方、米麹ともち米で作る方法です。甘酒には2種類あります。1つは酒粕で作る甘酒、そしてもう1つは、米麹で作る甘酒になります。今回は、アルコールが入っていなく、子供でも、飲める米麹ともち米で作る甘酒の作り方をご紹介します。

米麹ともち米で作る甘酒の作り方 

材料
もち米 1合
水 360cc(2合分)
水 300cc (湯ざまし)
米麹
200g
塩少々

1、もち米を洗米しお釜に入れます。水360cc(2合分)の水を入れたら30分水に浸し、炊きます。
2、釜を取り出し湯ざましを加えて混ぜます。温度を55度から60度に冷まします。
3、次にほぐした米麹を加えてよく混ぜあわせます。
4、表面をならし、炊飯器に戻して、保温にセットします。蓋を閉めず布巾を被せ、55度から60度を保ちながら、6から、10時間おきます。
5、途中で何度か混ぜます。味見をして甘くなったら、塩を加えます。甘みが十分に出るころには、黄色くなります。
6、今度は炊飯器のスイッチを入れ、80度から、90度(沸騰寸前)に加熱して発酵を止めスイッチを切り完成。

※もち米を使った甘酒は甘みが強くなります。飲む時は、好みの濃さになる様に水で調節して温めてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?炊飯器で作る甘酒、ちょっと面倒だなと感じた方も多いかと思います。もう一つの記事では、もっと手軽に、甘酒の作り方 米麹と魔法瓶でつくる方法をのせてみました。よかったら見てくださればと思います。

Similar Posts:

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ