甘酒の効能 量はどのくらい飲むべき?

今回は甘酒の効能および、どのくらい飲めばいいのか?について解説していきます。たぶん、みなさんは、甘酒を飲む場合、ダイエット中の方でしたら、カロリーなどを気にして、量はどのくらい飲めばいいのか?に疑問を持たれて調べていたかもしれません。今回は甘酒を飲む量などについての記事です。

甘酒を1日に摂取する量は

色々調べてみると、だいたい1日に飲む量の目安はコップ1杯(約200ml)です。しかし、甘酒の種類やダイエット目的などにより飲む量は変わってくると思います。そこで、ダイエット目的を例として飲み方などを書いてみたいと思います。

ダイエット目的の甘酒の飲み方や量は

甘酒の種類には、2つのものがあります。1つは米麹から作る甘酒。もう一つは酒粕から作る甘酒です。米麹の甘酒には、砂糖は入っていませんが、酒粕の甘酒には砂糖が入っています。ですから、ダイエット目的でしたら、米麹の甘酒がおすすめです。

甘酒はお米よりカロリーが低いですが、飲みすぎには、注意してください。甘いものが食べたくなった時に甘酒を活用するといいですよ。ダイエット中に甘いものが食べたくなったら、お猪口1杯(20ml程)飲むことが効果的です。飲む事により血糖値が上昇してお腹がみたされます。ちなみに甘酒、牛乳、豆乳、調整豆乳のカロリーを載せておきます。(七訂日本食品標準成分表をもとにした可食部100g当たり)

甘酒
81kcal
牛乳
67kcal
豆乳
46kcal
調整豆乳
64kcal
※あくまで成分表の数値です。

先ほどもお話ししましたが、飲みすぎは禁物です。1日の目安約200ml、コップ一杯程度にしておきましょう。お猪口(20ml)を数回に分けて飲む事をお勧めします。また、食事前30分前に飲むと血糖値が上昇してお腹が満たされ、食べ過ぎも防げると思います。ぜひ、ためしてみてください。

Similar Posts:

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ