甘酒 米麹と酒粕の違い

今回は、甘酒の米麹と酒粕の違いについての記事です。僕は幼い頃から、最近まで甘酒と言ったら、酒粕で作ったものしか、今まで知りませんでした。昔は、祖父が冬になると酒粕で作った甘酒を飲んでいて、それを飲ませてもらったのですが、癖がありそれから甘酒は飲んでいませんでした。

しかし、最近、東北(山形)の友人から、甘酒をいただき、飲んでみたところ、これが、今まで飲んでいた甘酒とは、全く違っていたのです。今回は甘酒の米麹と酒粕の違いについて書いてみたいと思います。

甘酒 米麹と酒粕の違い

酒粕と米麹甘酒は何が、違うのか?を比較してみます。

酒粕の甘酒
・アルコール成分がある。(レジスタントプロテインが入っている。)
※レジスタントプロテインは後で説明します。
・甘みは砂糖
・カロリーが高くなりやすい
・安くつくれる。

米麹の甘酒
・アルコール成分がない
・米と麹の甘さ
・カロリーが低い
・割高である。

飲みやすさ、子供でも飲める甘酒というと、米麹の甘酒ということになります。しかし、酒粕の甘酒には、米麹の甘酒には、ないレジスタントプロテインなるものが入っています。

酒粕のレジスタントプロテインとは

レジスタントプロテインとは、消化されにくいたんぱく質のことを指します。消化されにくいというと、体に悪いイメージがあるかもしれません。レジスタントプロテインは、腸の中でゆっくり移動しながら、長く体内にとどまり、炭水化物や食物繊維の力を借りる事で、体内にたまった余分なコレステロールや脂質などの油分を取り込んで、体外に排出する働きをします。

レジスタントプロテインはダイエット効果がある一方で、体質や摂取量によっては、便秘や下痢が引き起こされる事もあります。体質にあっているか?確認し摂取量も注意してみてください。


http://kireidiet.kenbilab.com/sample_item_koujikouso.htmlより引用

まとめ

年末になると、クリスマスや忘年会、お正月など、飲食が増え、体内のコレステロールの蓄積を心配される方も多いと思います。そんな時こそ、レジスタントプロテインを含む甘酒はおすすめです。ですが、あまり飲みすぎないように、なんでもほどほどがよいですね。

また、甘酒の他の効能、甘酒の効能 血圧上昇を抑えるの記事もよかったら、見てくださればと思います。

Similar Posts:

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ