甘酒の効能で血圧上昇を抑える

甘酒で血圧上昇を抑制するのに効果があると聞いた事があり、今回、本当に甘酒は血圧上昇に効果があるのかを調べてみました。甘酒というと、飲む点滴といわれるくらい、甘酒は便秘に良いといわれたり、美肌に良いといわれていますが、甘酒の効能に血圧を抑える働きがあるのか?また、それは、なぜか?を調べてみました。

甘酒に含まれる●●●●が血圧上昇を抑える。

甘酒には、2種類あります。1つは酒粕からできている甘酒、もう一つは米麹からできている甘酒です。ちなみに、米麹からできる甘酒には、ペプチドと呼ばれる血圧を抑える成分が含まれていて血圧を抑える効果が期待できるそうです。

血圧が上がる1つの原因として、血液の中には、アンジオテンシンⅠというホルモンがありますが、ストレスや肥満、食塩の摂りすぎなどで、アンジオテンシンⅡというものに変わってしまうそうです。アンジオテンシンⅡは血管を収縮させて、本来尿から排出される塩分を血液中にためてしまうそうです。そのため、血圧が上がってしまいます。これが、1つの原因です。

甘酒のペプチドが血圧を下げるわけ

ペプチドが血液の中には、アンジオテンシンⅠをアンジオテンシンⅡに変えるのを防ぎます。ですので、血液の上昇を防ぎます。

甘酒にさらにあるものを加えると血圧上昇に効果が期待できます。

米麹から、作る甘酒には血圧上昇を抑える働きがあることはお分かりいただけたと思います。そして、甘酒に一工夫すると、その効果をさらに高める事ができます。その方法とは、生姜と一緒に甘酒を飲む事なのです。生姜には、ジンゲロンなどの辛味の成分が入っていて、血流を良くして、血圧を下げる効果も期待できます。

また、たまった生姜には、利尿作用もあります。尿で塩分を排出する成分が含まれています。ちなみに、生姜の皮も一緒にすりおろして甘酒に加えると血圧をさらに上げにくくする効果もきたいできます。

まとめ

甘酒は便秘や血圧上昇を防ぐのに効果があると期待できます。もし、甘酒を作ってみたいと思ったら、今は魔法瓶があれば手軽に作れたりもします。甘酒の作り方 米麹と魔法瓶で作る方法の記事も参考にしていただければと思います。

Similar Posts:

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ