甘酒の効能NHK特集

今回はNHKの番組でもご紹介されたことのある、甘酒の効能をまとめてみたいと思います。甘酒はここ数年、売上げが伸びており、美肌効果が高いとの事で芸能人(檀れいさん、平子理沙さん、道端アンジェリカさん君島十和子さん)にも愛飲されています。

NHKのテレビでは、甘酒の美肌効果や健康効果、甘酒にちょっと足すとおいしく飲める飲み方、お肉やお魚が柔らかくなる甘酒を使ったレシピ、家でできる甘酒の作り方が紹介されていました。ではこれから、甘酒の効能についての記事をまとめてみました。

甘酒には2種類ある。

甘酒には2種類があります。

・甘酒には、酒粕を溶いて砂糖を加えた甘酒
・炊いたお米に米麹を加えて発酵させてできた甘酒

最近は米麹で作る甘酒が流行していて、こちらは子供でも飲めるノンアルコールで砂糖などは含まれていません。

甘酒の美肌効果

甘酒愛飲家のモデル道端アンジェリカさんは、甘酒に豆乳、生姜を入れて飲んでいるとの事。寝る前や小腹がすいた時、飲むと、よく眠れ、翌朝の肌の調子やお通じに効果が実感できるそうです。

女子大生に4週間甘酒を飲んでもらったところ、肌のきめが整ったり、乾燥肌や吹き出ものが改善。

甘酒の疲労回復効果

大学の陸上の長距離選手に合宿中に毎日甘酒を飲んでもらったところ、飲んでいない選手より30パーセントの疲労軽減効果があったそうです。

またNHKのあさいちサポーターも2週間甘酒を飲んだところ、寝起きがよくなった、便秘の悩みが毎日出るようになったなどがあったそうです。

甘酒に含まれている疲労回復、美肌効果のひみつ

甘酒には、トレオニン、フェニルアラニン、メチオニン、リシン、トリプトファン、バリン、ロイシン、イソロイシン、ヒスチジンの9つの必須アミノ酸が全て含まれています。9つの必須アミノ酸は肌や髪を作るのに重要です。重要な成分が甘酒には含まれているんですね。

その他にも美肌効果が期待できるビタミンB群、腸を整える作用のあるオリゴ糖も多く含まれています。また、抗酸化物質「エルゴチオネイン」も含まれています。甘酒は飲む点滴と呼ばれているほどです。

甘酒を食材に使うと

甘酒に鮭を1日つけた場合、焼いて食べると、しっとりおいしくなります。また、ハンバーグ、鶏のから揚げの下地に使うと、ふっくらしてジューシーになるとの事です。そのわけは、甘酒の持つ酵素の働きで食材のたんぱく質がアミノ酸にでんぷんがブドウ糖に分解されうまみや甘みがアップしてまろやかな味になるとの事でした。

まとめ

甘酒というと、酒粕の甘酒しか、僕の記憶にはなく、酒粕の甘酒は癖があって、どうしても飲めませんでした。しかし、東北の友人から、米麹の甘酒をもらったのをきっかけに、甘酒のおいしさに目覚め、いろいろインターネットで甘酒の効能やおいしい甘酒を調べてみました。NHKでたまたま、甘酒の特集をやっていたので興味ぶかく、まとめてみることにしました。また、甘酒の関連ブログも違った角度から調べて記事に書いていこうと思います。

まとめ

・甘酒には米麹と酒粕の2種類がある。
・甘酒は疲労回復、美肌、に良い。
・飲む点滴と呼ばれるほど栄養価が高い
・食材などに使うと、柔らかくなったり、おいしくなることも。。

Similar Posts:

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ