緊張型頭痛 解消

いつも、頭が痛い方結構いらっしゃいますか?緊張で頭がズキズキしたり、何かわからないけどすごく痛いなど。緊張で頭が痛くなる方は、もしかしたら、頭だけでなく、カラダ全体が緊張しているかもしれません。僕も以前、仕事で夜勤をやっていた時、頭がずきずきする感覚に襲われた事がありました。しかし僕はその時、やみくもにスポーツをしたり健康に良いと思われる事をしたのですが、一時はよくなるもののまた悪くなるの繰り返しでした。しかし自分で緊張を抜く方法を学んでからは徐々に緊張からくる頭痛からは解放されていきました。今日は、緊張から、くる頭痛の解消方法を僕なりの考えですが、書いてみたいと思います。

 

筋緊張頭痛

 

緊張型頭痛とは

そもそも緊張型頭痛とは何かについて書いてみました。日本で最も多く見られる頭痛だそうで以前は筋収縮性頭痛といわれていたそうですが、筋肉が収縮するのを伴うタイプと伴わないタイプがあるそうで緊張型頭痛と言われるようになったそうです。首、肩の凝りがだんだん頭痛になり後頭部の鈍痛が多くなっていくそうです。長く続くのが特徴だそうです。

 

原因

国際頭痛学会というところでは緊張型頭痛を引き起こす因子として心理社会的ストレスや不安、うつ 妄想や妄想概念としての頭痛、また筋性ストレスなどを挙げています。要は心理的なものが大きいということです。

緊張型頭痛は首から肩、背中にかけての筋肉や頭の筋肉が緊張する事で起こるといわれています。筋肉の緊張が高まると、筋肉内の血流が悪くなり筋肉の中に乳酸やビルビン酸などの老廃物がたまるそうです。それが神経を刺激して締め付けられるような痛みをおこします。

ヨガで緊張を取る方法

今回はヨガによって緊張を取る方法をお伝えしたいと思います。ヨガにはいろんな種類のヨガがありますが、今回は緊張をコントロールする方法をお伝えします。緊張している方に、言葉でリラックスさせるのはなかなか難しいと感じています。身体が緊張している方に有効なのは、身体をほぐすよりも身体に緊張を入れる事でリラックスの感覚を取り戻す事を訓練させます。

 

 

緊張を緩めるために緊張を与える。

身体に緊張を与えてそして身体が緩んでいる状態を脳に覚えさせる事で緊張をコントロールする方法です。首がつらい方のために少しこの方法を動画にしてみました。ぜひ緊張と緩みの感覚をご自身で味わってみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Similar Posts:

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ