NHKの瞑想特集 ためしてガッテン

今回は僕のヨガ教室の生徒さんが、NHKのためしてガッテンで瞑想特集を見たとの事で、学びと実習のために、ためしてガッテンでどんなことを特集していたのか?をまとめてみました。瞑想って脳に良いと聞いているけど、どうなのか?また、NHKのためしてガッテンではどんな瞑想をやってどんな効果が得られたのか?を具体的にまとめてみました。

%e3%81%9f%e3%82%81%e3%81%97%e3%81%a6%e3%82%ac%e3%83%83%e3%83%86%e3%83%b3

2016年9月28日(水)放送のためしてガッテン のテーマ

今回のテーマ

3分間のマインドフルネスのやり方

手軽にできる様々な瞑想法

最近、脳を活性化させたり、ボケ防止のために、注目されているのが、瞑想&呼吸法です。
瞑想の本来の目的は、本来持っている脳の力を引き出すことにあります。最近では、医療機関や世界の企業が瞑想を社内研修などで積極的に取り入れられていたりもします。

番組の中で、様々な方法を使って、瞑想をして3分間毎日続けていくと、脳の記憶中枢である海馬などが活性化することが特集されていました。

%e6%b5%b7%e9%a6%ac

海馬 (脳) – Wikipediaより

3分間マインドフルネスのやり方

マインドフルネスは最近、アメリカで流行っていますが、マインドフルネスはヨガや日本の座禅などを取り入れた瞑想法です。

では、やり方を解説していきます。

まず、あぐら、または、あぐらが難しい方は、椅子に座って行っていきます。なるべく楽な姿勢でやりますが、背筋は伸ばしておきましょう。

目は軽くつむるか、半眼(薄目にすること)にします。口は軽く閉じリラックスし、舌を上の歯茎の内側につけます。

両手は膝に軽くおいておきます。

体がどうしても力が入ってしまう場合は、一度両肩を上げて、肩をおとします。呼吸は鼻だけで呼吸をしていきましょう。

最初に自分の感覚に意識を向けていきます。聞こえてくるもの。触れている感覚。口の中の味など、また頭の中に浮かんでくる雑念など、観察してみてください。

次に呼吸に意識を向けていきます。息が出ていく、入ってくるなどに意識を集中していきましょう。呼吸に意識ができない方は数を数えても結構です。

次に自分の体の状態に注意を向けていきましょう。鼻を空気を出入りする様子や、脈拍、心臓の鼓動など自分の体に意識をしながら、スキャンするイメージをしてみてください。

手軽にできる様々な瞑想法

瞑想をすると、シーター波というものが脳の中にたくさんでてきます。番組の中では、
瞑想と同じ効果が高いと考えられる方法を専門家から紹介されています。

1ダーツ
2模型制作
3まごころ瞑想

が紹介されていました。順番に説明していきます。

1、ダーツは集中力が求められるスポーツで、シーター波がたくさん出ることが分かっています。ダーツをすることで瞑想と同じ効果が期待できます。

2、東海大学情報理工学部の高雄元晴さんは、模型製作をするとき強いシーター波が出ることを確認しました。模型を作っていると何時間もあっというまにすぎてしまうほど、集中することがありますが、瞑想をおこなったのと近い効果がきたいできます。

3、チベット、オーストラリアの先住民アボリジニの伝統からヒントを得た瞑想法です。
自分が1番リラックスできる場所をイメージして、動物や友人、家族などをイメージします。それらを癒すイメージをしていきます。あまり好きでない人にも優しいイメージをしていきましょう。3分から7分程度を目安におこなってみましょう。

興味がある方は動画も載せておきます。
ためしてガッテン

2016年9月28日(水)放送

Similar Posts:

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ