マインドフルネス瞑想とは

今回は、瞑想でも、最近話題になっている、マインドフルネスの瞑想を取り上げたいと思います。最近、アメリカでは、マインドフルネス瞑想法が流行っているそうです。実は、アメリカの大企業でも、昨今、瞑想を取り入れた企業研修を実施しているところが多くあります。今回は、瞑想でもマインドフルネス瞑想についてお伝えしていきたいと思います。

%e7%9e%91%e6%83%b3

マインドフルネス瞑想法って

マインドフルネスとはいったい何なのか?を調べてみるとウィキペディアには、以下のようなことが書かれていました。

1979年に、痛みの患者のために開発されたマインドフルネスストレス低減法(MBSR)を、うつのために転換したものである。MBSRが身体のストレスであるがん、慢性疼痛、心臓病や線維筋痛症に焦点を当てているのに対し、MBCTはうつ病、不安、燃え尽き、摂食障害といった認知に焦点を当てている。危険な副作用を持っている可能性は低く、教育、妊娠中、刑務所などで使用されている。

要するに、痛みの患者のために開発されていたものを、心の病にも応用されているストレス低減法ということだそうです。ちなみに、このマインドフルネスとは、ヴィパッサナー瞑想を現在風にアレンジしているともいわれています。

ちなみにヴィパッサナー (Vipassana) とは、物事をあるがままに見るという意味です。

Similar Posts:

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ