断捨離は運気が上がったり効果はあるのか?

今回は断捨離の運気と効果について語ってみたいと思います。ずいぶん、前から断捨離(不要なものを減らして生活に調和をもたらす思想)が浸透していますが、果たして断捨離をすると運気が上がったり効果はあるのか?をブログに独断と偏見ですが、書いてみたいと思います。

断捨離とは?

ウィキぺディアにはこのような事が断捨離には書かれています。

断捨離(だんしゃり)とは、不要な物を減らし、生活に調和をもたらそうとする思想であり、やましたひでこの著書において発表された。

不要なものを減らして生活に調和をもたらそうとする思想だそうです。生活に調和をもたらすという言葉ですが、、実際、僕は介護士をしていて、ずいぶん前から、物の乱雑さと脳の働き、健康についてなんとなく関連性があるのではないかって思っていました。どういうことか?詳しく説明したいと思います。

玄関に入っただけで、なんとなく様子が分かる

僕は、以前は老人介護のディーサービスで働いていました。1日多い時は50人は通ってくるデイサービスです。自宅に迎えにいき、デイサービスでお風呂に入ったり、アクティビティをしたりしながら、夕方ごろに自宅にご利用者さんを送っていく仕事をしていました。

毎回、1日10人位以上をご利用者さんの自宅に迎えにいくわけです。初めて訪問する自宅には、玄関に人が通れないようなところ(荷物で玄関が埋まっている)ようなところでしたり、玄関の目の前のドアが荷物で開かずの扉になっているようなご自宅を見たこともあります。

特にですが、高齢者のみで過ごしている方で、どちらも健康を害している方、また、外部との接触があまりない方は、家が汚かったりする傾向が強く、僕はですが、感じました。

玄関

脳の障害と家の綺麗さは比例する?

僕は、老人介護と障害者の介護の両方の仕事をしたことがあります。そこから、感じる事は、捨てられない事と脳との関連性はなんとなくあるのではないかとかんじるのです。

脳と捨てられない物の関係

この経験から、脳と捨てられない物の関係について色々と自分なりに調べてみました。実は物を捨てる事で脳が痛がるということが見えてきました。

前帯状皮質

前帯状皮質

参照サイトhttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%89%8D%E5%B8%AF%E7%8A%B6%E7%9A%AE%E8%B3%AA

島皮質

参照サイト
島皮質

http://matome.naver.jp/odai/2139779216108278401

米国のイエール大学の研究によると、自分の持ち物を手放したとき痛みに関する脳の2つの領域、島皮質と前帯状皮質が反応することが確認されたそうです。このことから、所有物を手放す、捨てる行為は、けがをするのと同じように痛みを感じるようです。

断捨離をすることで運気はあがるか?

脳と物を手放す、または整理することは少なからず、脳にとって影響があるみたいですね。そう考えると、物を整理すること=脳を整理する事につながるのかもしれません。結局のところ、部屋がちらかっている片付かないという人は、頭の中も整理されていない可能性があります。

ですから、物をかたずける事=脳を整理することにつながっていくことだと僕は思います。僕の好きな言葉に宇宙は真空を嫌うという言葉があって、何もないところに何かが入ってこようとする傾向にあるそうです。

ですから、物を捨てたり、整理することで、幸せなもの、人が呼び込んでくるのかもしれませんね。

Similar Posts:

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ