アスペルガー症候群は遺伝?

今回、アスペルガー症候群は遺伝するのか?という事について、書いてみたいと思います。介護士としてアスペルガー症候群の方に接したことがありました。その経験の中で、アスペルガー症候群について色々と調べてみました。今回はアスペルガー症候群は遺伝するのか?という事を調べてみました。

アスペルガー症候群は遺伝する?

アスペルガー症候群は遺伝するのか?実はアスペルガー症候群はまだ、原因が解明されておらず、遺伝するのか?現段階では明確に表せる事ができません。アスペルガー症候群は、最新の診断基準(DSM-5)アメリカ精神医学会による定義では、自閉症スペクトラム障害に含まれています。

自閉症スペクトラム障害の発症は、二卵性双生児よりも一卵性双生児の方が双生児一致率が高い事との報告があります。二卵性双生児よりも一卵性双生児の方が同じ遺伝しを持って生まれてきますので、一卵性双生児でどちらも自閉症スペクトラム障害を発症する率が高いということです。ここで遺伝の影響が少なからずあるという事です。

しかし自閉症スペクトラム障害の原因となる遺伝子は、ある特定の1つの遺伝子ではなく、おそらく数百以上の多くの遺伝子があり、それらを一定以上認めるとこで発症するという多遺伝子的な原因であると考えられています。ちなみにアスペルガー症候群は4:1の割合で男性の方が多いということです。

Similar Posts:

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ