脇汗の対策シャツ

夏になると脇汗でシャツが濡れたり、臭ったりすることありませんか?夏になると、特に女性は、困ったりしますよね。デオドラントや制汗剤などを使うのもいいですが、今回はシャツに焦点をあてた、脇汗対策の記事です。

脇汗の対策シャツ

みなさんはこんな悩みを抱えていたりしませんか?
・夏になると、脇の汗でシャツが目立つ
・Tシャツを着ると、汗で脇が黄ばんだりする。
・いつも仕事中、接客などで脇汗が気になる。

そんな方っていませんか?僕も汗かきなので、夏になると、かなりシャツが臭ったり、また、汗でシャツが乾くと塩で真っ白になるのが、かなり気になりました。そしていろいろ調べてみると、案外対策はいろいろあるもので、これを実践していただくと、こんないいことがありました。

・汗染みが目立たなくなった。
・仕事中でも精神的に気が楽になった。

などが、あります。では、これから脇汗対策について見ていきましょう。

脇汗を目立たなくする方法

脇汗で洋服が。。。。脇汗には、目立ちにくい色があります。脇汗が目立ちにくい服の色として、白、黒、紫などが、目立ちにくい色です。また柄の服なども汗が目立たないです。また、赤や青、緑などに近い色は汗の染みが非常に目立ったりします。

もう一つ脇汗対策で服を選ぶなら、肌に張り付くようなピタってしている服装より、ふわっとしているもの、袖にゆとりがあるもの、肌に張り付かないものを選ぶとよいと思います。

また女性の方でしたら、カーディガンを羽織ってしまうのも1つの対策ではないかと思います。

脇汗防止のシャツは

また、シャツで選ぶなら、脇汗パットつきのTシャツもいいです。

また、こんな脇フィルムもあります。

アマゾンのレビュ―欄にはこんな感想も載っていました。

<メリット>
透明で、とにかく薄い。また、フィルムが強い粘着フィルムなので、まず剥がれない。4月から使い始めましたが、24時間貼り続けても剥がれてくる気配はありません。また、ハル位置にもよると思いますが、貼ったところから発生する汗は完全にブロックします。また、臭いもしません。フィルムを貼ったところ以外からも当然汗は出るのでるので、汗ばむ事はあるのですが、シミになるまでに至りません。

<デメリット>
フィルムを隙間なく貼るために、ワキの毛を事前に全て剃っておく必要がくあります。したがって、毛がある程度無いと格好が悪い状況の時には使用を控える必要があると思います。また、汗を物理的に止めておくのですが、たまった汗が水風船状態になります。この水風船は長い時間貼り続けていると、フィルムの横から漏れてくる可能性があります。

ただし、フィルム自体が敗れるということは今のところありません。また、長時間というのは24時間ぐらいのことです。最大のデメリットは、剥がすときにかなり痛みを伴う、ということです。考えてみればアタリマエのことですが、粘着フィルムで物理的にせき止めるので、当然それ相応の粘着力が有ります。剥がすときに、上手にゆっくり剥がさないと皮膚が炎症を起こし、着用を続けると悪化する可能性があります。また、粘着成分が皮膚に付着し、それを取るのに時間がかかります。

上記のメリット・デメリットを含めて、私個人としては、それでもこの製品は今まで試した汗対策製品の中で、最も自分にあっていると感じました。痛みは我慢できますし、ビジネスシーンで脇汗を常に気しないといけない状況から開放されることを考えたら、脇の毛を全てそることも全然抵抗がありません。もともと皮膚は強い方なので、炎症もそれほど気になりません。

とにかく汗をなんとしても止めたい、ストレスから開放されたい方は、一度試してみることをおすすめします。ただ、女性のかたで多くの汗をかくタイプの人はこの製品でもやっぱりダメかと思います。ノースリーブや袖口の大きく開いたブラウスを着ることもあるので、袖口からワキが少し見えた時に、水風船みたいになっていたり、黒ずんだりしていると、印象が悪いかもしれません。

Similar Posts:

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ