緊張による脇汗対策

今回は緊張による脇汗対策について記事を書きます。緊張して、脇の汗がぐっしょり濡れていた。または、緊張すると、すごい汗をかく、そんな方はいらっしゃいませんか?緊張による多量の脇汗はちょっとした、悩みでもありますよね。では、どういった対策をとったら、緊張による脇汗を軽減できるのか?その方法を調べてみました。

汗を拭く女性

緊張による脇汗の悩み

あなたはこんな、悩みを抱えていませんか?

・緊張すると脇の汗で衣類がぐっしょり。
・人、(異性の目)が脇汗で気になる。
・脇の汗をかくと、臭いがきつい。

ありますよね。僕も脇の汗で夏場ちょっと気になった事がありました。特に電車の中などで、つり革などにつかまった時は、気になりますよね。

ですが、僕もいろんな事を調べて実行してみましたら、脇のにおいが、軽減したり、特にTシャツなどで、夏場、ひどく汗をかくと、乾いた時に真っ白に塩がふくようになっていたのが、
軽減されたのです。具体的には

・脇のにおいが気にならなくなった
・汗は多くかくが、汗がべたつかなくなった。
・Tシャツなどが乾いた時、汗の塩分で真っ白になるのが、軽減した。

など。

では、どんな事をしてきたのか?やってきたこと、調べた事をまとめてみました。

緊張による脇汗対策 制汗剤を使用してみる。

制汗剤を使用して汗や臭いを抑える方法です。今現時点でもっとも臭いや汗に有効な成分に 塩化アルミ二ウムが有効です。塩化アルミ二ウムが配合されているものがおススメです。長時間持続するのは、スプレータイプがおススメです。

長時間の持続タイプは、スプレータイプ→ジェル→クリームタイプで時間が経過しても落ちないと言われています。また制汗剤を使うときは、制汗剤は、汗に出るところを塞ぐ作用があるため男性の場合は、5ミリくらいカットすると、脇毛にクリームなどが、吸収されるのを防げます。またかぶれないかぎり、毎日使い続けると、かなりの効果が期待できます。

制汗剤2

脇汗対策 汗をかいたら

汗をかいた時は乾いたタオルより濡れたタオルでふき取る方が、汗のにおいなどが防げます。臭いは汗に雑菌など増えて発生することがほとんどで、その雑菌を増やすものはタンパク質や水分です。濡れたタオルですと、水分やタンパク質をより効果的に取り除く事が期待できます。

ぬれタオル

脇汗対策 食べ物に気をつける

脇汗でにおいが気になる方は、香辛料など臭いのきついものはなるべき避けた方が良いです。

香辛料

脇汗対策はシャワーより湯船

入浴する際、シャワーでは落ちきらない、汗もあるとのことで、しっかり湯船につかるのがおススメです。

湯船

脇汗対策 太っている方は痩せている人より汗をかきやすい

実際、感じている方も多いと思いますが、太っている方は汗をかきやすいです。これは、太っている方は体温が高めの事が多く、消費するエネルギーも多く、汗をかきやすいのです。ちなみに運動習慣がある方は、汗の頻度が多くなり、良質な汗になったりします。べたべたする汗ではなく、さらっとした汗ならば、臭いにつながる要素を減らす事になりますね。

脇汗対策 食事

脂質の多い肉類、卵、乳製品、脂っこい揚げ物などは身体のニオイにもつながります。できるかぎり、こういった食品を抑える事が身体のニオイには有効です。緑黄色の野菜や食物繊維などの食品は、ニオイにつながる成分を軽減したりします。以下こんな食品を摂取するといいです。

緑黄色野菜

緑黄色野菜

パセリ

パセリ

めかぶ

めかぶ

オリーブオイル

オリーブオイル

黒酢

くろず

レモン

レモン

梅干し

梅干し

脇汗対策 副交感神経を優位にする

緊張をする時、交感神経が優位になっているんですが、緊張をコントロールすることができるようになると、過度な緊張にからだが陥らずにすみます。実際何を、やったかといいますとヨガを学んだわけですが、ヨガを学ばなくても、腹式呼吸を身につけていただくと、緊張による汗が軽減されたりします。

腹式呼吸というと難しく聞こえますが、意識的に息を吐くことに意識を向けてみてください。鼻から息を吸って口からはきますが、その時お腹を膨らませ、鼻から息を吸い、口から吐いた時にお腹をへこませる事を続けていきます。息を吸うのと息を吐くのが、1対2の割合でやってみてください。

半側発汗(はんそくはっかん)とは?

半側発汗とは、ウッキペディアには、このように書かれています。

日常レベルでの応用として、帯を胸の高い位置で結ぶことで顔からの発汗を抑制する方法(「芸者の高帯」)が古くより知られている。

舞奴さんが、脇の下の部分を締め付ける事で顔につけた化粧が汗で崩れないように、帯をきつめにしめて汗を止める方法です。要するに脇の下のリンパ節を圧迫して抑える事で体温が下がり、汗を出にくくする方法です。汗をかきたくないときには役にたちそうです。

ですが、注意点として、長時間やるのは、身体に悪影響を及ぼすおそれが、あるため1日中強制的に汗を止めるのは、やめておいた方がよいです。

では、この半側発汗の方法をご紹介していきます。

まず、胸のあたり乳首から指2、3本分上くらいのところ、おくえいと呼ばれるツボ。指の腹で1から2分押さえ続けます。そうすると汗が出にくくなります。

おくえい

もう一つが大包(だいほう)というツボこちらは、脇の真ん中から下を押さえておきます。

 大包

腕組みするようにして、脇を組むような感じで両脇を交差させてそのまま指で脇の下大包(だいほう)を押し、親指でおくえいを押します。そうすると汗止めになりますが、ずっと抑えておくことは難しいので、汗止め帯 ノーマルタイプ Mが販売されているので使ってみるとよいですね。

アマゾンのこの商品のレビューものせておきますね。

Aさん
更年期障害でなやむ母のために購入しました。家事をするだけでダラダラと止まらなかった汗が、驚くほど少なくなったそうです。半信半疑で買ってみましたが、正解でした。

Bさん
まず、効果がどうこうの前に耐久性がなさ過ぎます。胸囲を測ってマッチするサイズを選択・購入し、着用2回目でマジックテープ接着部がベリっと剥がれ落ちました。セメダインXで補修して着用しておりましたが、5回目あたりで接着に難が出てきて限界です。そもそも、接着部が縫い付けられているわけではないので、汗をかいたら簡単に剥がれ落ちそうな構造をしています(マジックテープやツボ押し突起部など)。しかもサイズタグが”剥がれやすい”マジックテープの底面に差し込まれているとか……。汗を止めるための商品=着用者は汗っかき&汗で悩んでいる、のに水(汗)対策をしていない……意味がわかりません。

あと、運動や体を動かす事が多い方も要注意。カー用品にあるような強力タイプでは無い普通のマジックテープなので、簡単に脱落することがあります。

肝心の汗の止まり具合ですが、確かに止まります。ただ、普段を100とすると着用後は80か90になる程度の効果です。
過信しすぎると痛い目を見ます、あれ?汗とまらない……のように。この点から、精神性の発汗でお悩みの方には効果が薄いか逆効果にもなりかねません。気休め程度、そう割り切ればなんとか使えるかもしれませんが。

私の使用方法でもあるのですが、この商品を使うときはその他の汗止め用品(制汗スプレー・オドレミン)や多汗症向けの薬と併用するほうが(精神性の方は特に)相乗的な効果を期待できると思ます。逆に言えばその程度の効果しかない(単体では意味を成さない)と私個人は認識しています。

この手の商品は効果も、感じ方も人それぞれで個人差がある為なんとも言えないのですが、いち製品としてみた場合は、いい値段がする割には甘い作りで正直オススメできません。ただ、私自身使用してわずかながら効果は感じましたし、気休めでもいい安心できる担保がほしいと割り切って使う分には数少ない身に付けるタイプの制汗用品ですので手に入れる価値はあるのではないでしょうか。

Cさん

日常生活レベルの汗は抑えられる感じです。当たる所に若干痛みがありました。

Dさん

たしかに汗の量は減りました。僕の体質は、肩から上に出る汗が尋常ではなく、30分ぐらいの激しい運動で水を浴びたかのようになります。装着していてちょっと汗が出るというような状況では汗が出なくなりました。しかしスポーツなど激しい運動をすると出る物は出ますね。完全に汗を停める物ではないという覚悟はしていたので満足しています。汗止めにはまったく効果なし。胸を始締め付けるので長時間は無理です。

Similar Posts:

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ