ぎっくり腰の症状が軽い方の対処法

今回はぎっくり腰が軽い方の対処法をのせています。僕は出張サービスでヨガを教えています。その出張ヨガを受けてくれている男性の方で1年に1回軽いぎっくり腰を起こす方がいます。そんな軽いきっくり腰の症状に悩む方の対処法を書きます。

軽いぎっくり腰の悩み

起 
こんな症状で悩んでいることはありませんか?
・1年に1回軽いぎっくり腰になる。
・腰が急に痛くなってしまうことがある。
・季節の変わり目にぎっくり腰になる。

僕も、ぎっくり腰ではないのですが、たまに腰が急に痛くなることが、あります。
また同じような症状でお悩みをもらいました。

今回こんなお悩みをいただきました。

腰痛 ぎっくり腰について
旦那は年1.2回ぎっくり腰又はぎっくり腰手間位の腰痛になります。
これは癖になってるんでしょうか?レントゲンなどで調べてもヘルニアとかではなく骨には異常はなく筋又は筋肉が張る感じらしくて、電流が流れるみたくピキーって激痛が走るらしいです。ブロック注射もあまり効かず、14日ゴルフなのに行けるか心配。

この方の気持ちよくわかります。季節の変わり目などに、ちょっとした時に、腰が痛くなる。僕は、運送業をやっていましたが、たまに、腰に電流が走るような、痛みを感じ、腰を痛めた事がありました。ですので、腰がつらいのはよくわかります。あまりにも痛いとしゃがむこともできませんよね。


ですが、こんな僕でも、ヨガをやったら、すごく腰がよくなりました。1年ごとにヨガを重ねていくうちに、だんだん体が変化していって、ヨガを学んでいって、今はヨガのインストラクターをしています。そして、いつも腰がつらい、ぎっくり腰になる。そんな方に腰痛の予防体操を教えています。そうしましたら、こんなうれしい声をいただきました。

・重い腰が楽になりました。
・モモが張って硬くなっていたのが、和らいだ。
・なんとなく腰が軽くなった。
・腰がすっきりした。
・とても身体が楽になった。

僕も、この体操を知ってから、すわっりぱなしで仕事をし続けて、腰が重くなったとき、などはやっています。この体操をやると足やお尻が楽になったり、して結果腰痛も楽になるんですね。やっていると。あー伸びてるなーと感じたりします。

軽いぎっくり腰の予防体操

では、軽いぎっくり腰を予防する、体操です。

まず、しゃがみます。
しゃがんだ時、足首がかたくて踵が床につかない方はそのままでも大丈夫です。

1腰痛

手は足首を持ちます。足首を持つとバランスが崩れて倒れそうな方は、手は床でも大丈夫です。

腰痛3

モモを胸から離さず、お尻を天井に上げていきます。
しゃがんだ時に踵が床につかなかった方もお尻をあげはじめると、踵が床につきはじめると思います。注意点として必ずお尻を上げていく際、モモと胸は離さないところで保つ事です。数回やってみてください。

これをやってあげると足のももが伸びてストレッチされ、ぎっくり腰の予防になりますよ。

腰痛4

写真でご説明しましたが、おわかりいただけましたでしょうか?写真じゃなく、動画が見たい方の為に、動画ものせておきますね。動画では、注意点なども詳しくのせています。

Similar Posts:

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ