遠距離恋愛のコツ、結婚

今回は遠距離恋愛のコツや結婚についてお伝えします。僕のご紹介ですが、埼玉在住で遠距離恋愛歴5年になります。僕の詳しい遠距離恋愛はこちらになります。

最初から遠距離恋愛ブログ

今回はyahooの知恵袋から、みなさんの遠距離恋愛に関するお悩みのを僕の視点からお伝えしていきます。

遠距離恋愛のコツ、結婚お悩み相談

ご相談

遠距離恋愛をされている方にお聞きしたいです。
彼氏•彼女が忙しく疲れている時はどのようにしていますか?もしくはご自身が忙しい方は、どのような連絡がきたら癒されますか?(もしくは連絡ない方が良いなど)

私も彼も社会人ですが、彼の方が忙しく、毎日日付が変わって退勤するようです。きちんとした休日も取れてないので心配してます。

•朝の出勤時に1回、夜退勤時に1回、寝る前に1回ほど短い連絡をいれる
(返信が無理でも私が何をしてどう考えてるか知りたいと言っていたため送っています。。)
•お仕事お疲れさまや、ゆっくり休んでね というようなことを直筆で書いて、写真で送ったことも
•たまーに電話できた際には、大変だと思うけど、一生懸命頑張ってるところも大好きだし、理解してるよ!などと伝えています。

彼は、いつも理解してくれてありがとう。私が大事だし、早く会いたいよ。などと言ってくれますが、
私が応援することが負担にならないように、彼の疲れを和らげてあげたいです。

飛行機に乗らないと会えない距離の為、会いに行くことは簡単ではありませんが、今年の夏より私が事情で彼の住んでいるところの付近に住む予定です。

お気持ちよくわかります。会えない時、辛いですよね。彼氏も午前様でかえって来るとの事で、きっと、仕事だけで手がいっぱいなんだと、思います。僕は男性なので、女性の気持ちよりも男性の、気持ちの方がよくわかります。

僕も、20代、仕事で、朝、5時に起きて、夜は終電で帰ってきていました。正直、好きな女性にメールを打つ気持ちよりも、電車に乗ったら、立ったまま寝ている、そんな状態でした。

だから、彼氏の気持ちよくわかります。彼氏は1人暮らしでしょうか?実際、今の状況が彼氏にとっては、いっぱい、いっぱいなんだと思います。あなたが、連絡をとって癒してあげたい気持ちも、よくわかります。たぶん、その気持ちだけで、もう十分伝わっていると感じます。

毎日メールをする、あなたの事ですから、きっと彼氏も十分わかっているはずです。もし夏に彼氏の住まいの近くに住まいを構えるのであれば、いっそう、一緒に住むのも良いと感じます。

ただ、男性の気持ちもありますので、そのへんは、話しあってみてください。ちなみに、一緒に住む場合、ネックになるのが、仕事、お金、環境の違い、生活スタイルの違いなどだと僕は感じています。

僕の場合ですと、生活スタイルや環境の違いは、さほど気にならないように、感じますが、仕事、お金の問題が障害になっています。

あなたが、自分は彼氏が仕事をやめても、2人で暮らせる収入や、どこに住んでも、環境に左右されない仕事のスタイルを持っている、(たとえば、看護師や介護士、などの国家資格でどこでも働ける資格を持っている。または、IT関連などで場所にとらわれないで仕事ができる)などがあれば、お金の面では、自信を持って、一緒に住んでもよろしいのではないでしょうか?

ぜひ、いつまでも大好きな彼氏と幸せに暮らしてください。

遠距離恋愛

遠距離恋愛のコツ、結婚お悩み相談 その2

では、今回も遠距離恋愛に関するご相談に答えていきますね。

遠距離恋愛についてご相談させてください。

もうすぐ遠距離恋愛になるのですが、お互い新社会人であり、頻繁に会おうとするよりも仕事とお金を優先しようと彼と話し合いました。今はそれ、以外にルールを決めていないのですが、経験者の方はどのようにして遠距離恋愛を乗り越えたのでしょうか?

ありがとうございます。新社会人で学生から社会人になろうとしているのですね。よく世間では、学生時代から付き合っていた彼や、彼女とは社会人になるとうまくいかなくなって別れてしまうとか。また遠距離恋愛だと、別れるとか。いいますよね。でもでも。。。。

それって、統計をとったわけでも、なんでもないんですよね。ただ単に、別れやすいんじゃないか?とか言われているだけです。実際、大学の学生時代から付き合っていた人が、結婚して、もう還暦すぎてますが、今でも奥さんとは、仲よくしかも、鳥取県米子市に自宅を構えていますが、国内、海外を飛び回って1か月に1回帰っているのか?いないのか?でも、ラブラブですよ。

だから、そういった方が身近にいらっしゃたら、聞いてみたらいいと思います。遠距離恋愛や、奥さんや旦那さんと離れていても仲の良い秘訣を。ちなみに周りが遠距離恋愛や夫婦で離れて暮らしていて仲が良かったら、類は友を呼ぶではないですが、案外うまくいく感じが僕は、しています。

まわりの夫婦や友人が年中、パートナーの悪口や不満、などを吐いていたら、、、ちょっと気をつけた方がいいですね。僕は遠距離恋愛をしてますが、あまり肩肘はらず、依存せず。またルール―とかは定めていません。たぶんお互い、そこらへんは、ゆるいですし、まーいいんじゃない。位に思っているんじゃないでしょうか。

僕ですが、もちろん彼女を一番大切にしてます。明日亡くなるととしたら、何を大事にするか?って、朝、顔を洗うとき自問自答したりします。あなたは、明日、自分が亡くなるとしたら、今日やっておきたいことありますか?文面から、素敵な曲を思い出しました。よかったら、彼氏と聞いてみてください。ありがとうございました。

遠距離恋愛のコツ、結婚お悩み相談 その3

私事ですが、最近、1か月半位、彼女と会っていません。介護士とヨガを教えているのですが、まとまった休みが取れなくて、彼女が山形から、東京に来たとき位しか会えないんですね。

まあ、それでも毎日メールはしています。最近はフェイスブックのメッセンジャーやラインなどがあるので、リアルタイムで話せますので、あまり距離感は僕は感じていません。

では、今日も遠距離恋愛お悩み相談です。

遠距離恋愛って難しいですね。

彼とは初めから遠距離で、付き合って3ヶ月が経ちます。最初の1ヶ月は、朝も仕事終わりも寝る前も連絡をくれて、この人となら遠距離頑張れそうと思っていました

しかし、今は夜に電話が来る日もあれば、連絡しても応答なしの日があります。彼の性格上、浮気とかではなく、単に彼は実家暮らしで、かつ趣味も多いため、自分の生活のためなんだろうなと思います。ただ、1年、もしくは2年以内には仕事を辞めて、彼の元に行きたいと考えています。彼ともそのように話をしています。

しかし、最近結婚のことを本気で考えているからこそ、彼ともっと連絡を取りたいのにと思ってしまいます。はじめにお話した通り、彼とは最初から遠距離なので、もっと仲を深めたいと思っています。何回かこの考えを彼に伝えると、こっちにも生活があると言われ、私もつい、それだと仕事を辞めてまでそっちいくまで気持ちが高まらないと言ってしまいます(・・;)
お互い冷静になると、遠距離でなかったら何も問題ないのにねとなるのですが、少し時間が経つとまた繰り返しです。

このようなやり取りが最近疲れてきました。地元からも遠く、彼しか知り合いのいない所に嫁いでやっていけるのか、彼は本当に大事にしてくれるのか、余計な心配がずっと頭をめぐっています。

遠距離って難しいですね。

遠距離経験のある方は、このような不安があったのでしょうか?また結果どのようになりましたか?

遠距離恋愛が難しいって事ですね。お気持ちはよくわかります。あなたの悩みは、

・地元からも遠く、彼しか知り合いのいない所に嫁いでやっていけるのか、

・彼は本当に大事にしてくれるのか

が不安なんですね。そしてこの先を考えると、もっといろんな事が、不安になってしまいますよね。

彼しか、知り合いがいないところでやっていけるか?ということですが、ちょっと僕の経験からお話し、させてください。

実は僕は、彼女の山形に三、四回言ったことがあります。たぶん少ないと思いますよね。普段は東京に来たときしか、会ってません。この三、四回行った間に知り合いを何人も作りました。

僕はヨガのインストラクターでその、卒業生が山形の彼女の地元にいるんですね。で、山形に行った際、ヨガを受けにそのヨガ教室にいきました。今は、インターネットもあり、ソーシャルネットワーク(フェイスブックなど)もあります。

世の中は小さな村になったと言う人もいる位、知り合いの知り合いが友人だったなんて事もざらにあります。ですので、知り合いがいないなんて思わず、飛び込んでみると良いですよ。

もう一つ、こちらが、問題ですが、本当に彼が大事にしてくれるか?ですね。間違っても、仕事と私どっちが大事なの?とかは聞いてはいけません。彼氏は20代でしょうか?それとも30代でしょうか?僕の場合も、20代は趣味ややりたい事が多かったですよ。ですが、それは時間がたてば落ち着くと思います。

問題はあなたを本当に大事に思っているのか?

ですよね。本当に大切に思っているなら、悲しむ顔は見たくないですね。僕の場合ですが、好きな人が悲しむ顔は見たくないです。

もし彼があなたを大事にしてるなら、たぶん態度に表れると思いますよ。例えば、時間をあなたと過ごすために無理しても作ってくれたとか?そういった行動に大事に思っているかが表れてくると思います。

それでも、彼にあなたが、本当に大事にされているか?思うのでしたら、ためらわずに、彼に気持ちを話して彼の好きなところや自分の気持ちをしっかり伝えるとよいです。

Similar Posts:

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ